看護学校

准看護学校の受験勉強が楽しくなってきた!わかると楽しいな・受験の仕方がわかった・過去問が大事

准看護学校の受験勉強が楽しくなってきた!わかると楽しいな・受験の仕方がわかった・過去問が大事

准看護学校の受験勉強が楽しくなってきた

≫婚活ブログはこちら・ブログ村

僕は、准看護学校のもう1校の試験が残っています。どちらかというと次に受ける学校に行きたい前回受けた准看護学校は、20代の女子ばかりで正直、やっていけるかわからないと不安に思った。20代しかいなかったんじゃないかな!?

20代とアラフォーのおっさんが一緒にやっていける自信がない。しかし次に受ける准看護学校は、社会人が圧倒的に多く、男性も多いということがわかっている。ただ家から遠いのがネックだが、やっぱりこちらの方が自分にはあっている学校な気がする。

同世代いた方が心にゆとりができるし、歳の差のストレス何て感じたくないしね

だから受験勉強をやろうという気になってきた。残りの勉強できる時間は少ないけど、やれるだけのことをやります

そこで改めて何をしたらいいか考えました。1点でも多く点数を取るために。

准看護学校の受験勉強が楽しくなってきた!わかると楽しいな・受験の仕方がわかった・過去問が大事

 

過去問を解く→出る範囲がわかってくる→そこを中心にやる

まずは過去問を数年分もらったので過去問を解きました。すると毎年、出る範囲が決まっていることがわかってきましたそこを中心に学べばいいのだなと。過去問を解き終わって、どうやら数学は基本的な計算問題が多いので、何とかなりそう。

それよりも理科でした。広範囲で浅く出題される感じなので、残り時間は全て理科に力を注ごうと。社会は範囲が広すぎるから、今までの知識で乗り越えるしかない。

こうやって問題を解いていくと、少しずつわかってくるのですよね。もともと中学生レベルだから、そこまで複雑ではない。だから、わかると楽しいという気持ちになってきました理科はとにかく暗記しまくって覚えちゃおうと思っています。

基本、ネガティブな事ばかり言っていますが、初めて前向きに勉強をやろうって言ってるかも。ただ切実に受かりたいと今は思っています。

 

ついに准看護試験を受けてきた!若い女の子しかいなかったから、やっぱり辛い・面接は厳しい指摘で心が折れた
ついに准看護試験を受けてきた!若い女の子しかいなかったから、やっぱり辛い・面接は厳しい指摘で心が折れた 准看護試験を受けてきた ≫婚活ブログはこちら・ブログ村 先日、とうとう准看護学校の試験を迎えました。その時の話。久々の受験だ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。